週末職人

気持ち美人に生きる知恵とお作法、英語学習と時々、DIY製作記録。

【DIY】「猫の日」に寄せて。刺繍で描く影絵ネコ。

編み物も縫い物も”ヘタの横好き”で
ヒマを見つけては楽しんでいますが、
刺繍だけはどうしても苦手です。

これまでに何度も挑戦してきましたが、
どうしても思ったようには
上手くいきません。

上手くいかないというのは、
裏側から表に向かって刺す針が、
なぜか狙ったピンポイントに出せないのです。

特に「サテンステッチ」なんて
輪郭が綺麗にそろっているのが命なのに、
そこがズレてたりしたら
シロウト感丸出しですよね。
(シロウトですが(;'∀'))

 

だからもう、刺繍には手を出さないと
とっくの昔に決めていました。

が、ある時たまたま「影絵」と、また
「点」だけで描かれてる絵を見て、
ピンときたというか、
こういう描き方なら私も刺繍ができるカモ
と思ったのです。

そしてその時にトライしてみたのが、
今日のコレ↓です。

 

【DIY】「猫の日」にちなんで。刺繍で描くネコの影。

 

作ったのがちょうど秋頃だったので、
満月の明かりに浮かび上がるネコのシルエット
のイメージで。

布にチャコペンでネコの輪郭だけ描いて、
それを目安に「フレンチノット」刺繍のみで
刺しています。

同じシリーズ(?)で、うさぎバージョンも
作りましたが、それは以前にこのブログにも
記録していたみたいです。

 

   一色刺繍に挑戦してみた - 週末職人

 

そちら↑はウサギを描きましたが、
なぜウサギをモチーフにしたかというと、
単純に「月つながり」ということで...w。 

 

 

一色の糸だけを用いて、また、
点々のみで刺しゅうするのは、
テクニック的には単純で簡単ではありました。

でも、シンプルなだけに、
点の散らし方などに
かえってセンスが必要なシロモノかもしれない
と作ってみて感じました。

そして、この2点を最後にやっぱり刺繍は
ギブアップすることにしました(笑)。

 

 

ちなみに、この「がま口」も
ラクタ退治中に発掘されたものです。

いつもなら、そのままクズカゴに
直行していたはずですが、
たまたま今日は2月22日の『猫の日』。
(すごいこじつけですね、ニャンニャンニャン)

ネコ柄だったおかげで、
断捨離されてしまう前にこうして披露され
月明かりならぬ日の目を見ることが
できましたとさ(笑)。

 

今日もお読みくださいましてありがとうございました。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ